人気ブログランキング |

私の息抜き(^o^)

rubabu.exblog.jp ブログトップ

庭仕事


9月14日、土曜日
今日は涼しくて、、野良仕事が捗りました
植えっぱなしにしている球根の花付きが悪かったので
掘り上げてみる、、ワンサカ、ザクザク出てくる
選別して植えなおす~半分は捨てようと思うが
これが出来ない、違う場所にとりあえず埋める




f0354923_20574871.jpg


8月末に切り戻しをしたナスは体力が回復して
イイ形の物が採れる、秋ナスは柔らかくておいしい




f0354923_21154651.jpg


茄子紺色つながりで
ブドウ栽培の師匠の葡萄を頂きました。
我が家はアライグマに遣られたので、
お盆の頃に採って加工済み、🍷
先生の物は甘くて違う!ありがとうございます。



f0354923_21210919.jpg

隅っこに5株の落花生、
黄色花がたくさん咲いて、葉ぶりもいい感じ!



f0354923_21275513.jpg

油断大敵、、毎日カラスが遊びにやって来る
収穫の頃を確認しているような、、
早めにネットをかけなくちゃ!!


f0354923_21361867.jpg


真夏日も咲き続けたフロックス、
まだまだ咲き続ける有難い花

f0354923_21363787.jpg






f0354923_21392627.jpg








# by soramame25 | 2019-09-14 21:49 | 園芸 花、野菜 | Comments(4)

大塚国際美術館


9月13日、
夕方親戚と主人の三人で入院中の
お義姉さんのお見舞いに行ってきました、、
お見舞いは数分で終わりです、、
帰路、後期高齢者高齢者の我々は最後について
『あーして欲しい、あーしよう』と尽きません~

十五夜なんですね、、


f0354923_21562681.jpg


f0354923_21564344.jpg


飛びます~飛びますで、、9月4日

徳島県鳴門市鳴門町鳴門公園内に美術館があります
第69回NHK紅白歌合戦でご当地出身の
シンガーソングライター米津玄師さんが
ここから中継放送された事で訪れる人が増えたようです


『世界の名画一堂に会する』大塚国際美術館.
古代壁画から世界26ヶ国、190余の美術館が所蔵する現代絵画まで
至宝の西洋名画1,000余点を陶板で原寸大に再現しているそうです。

正面玄関を入ると長いエスカレーター



f0354923_22244942.jpg

B3で迎えるのはシスティーナ礼拝堂天井画
ミケランジェロ・ヴァティカン



f0354923_22270678.jpg

腕を振り上げている人物がイエス、キリスト
キリストの右側で身を寄せている女性が聖母マリア



f0354923_22324270.jpg

絵画学術委員から1時間ほど絵画の観方を教えて戴き
だまし絵、、↓の絵のフランスパンの様な物は
横から見るととても怖い物に見えます、、
一人ずつ横から見てホントだ!とかアーァと、、



f0354923_22404139.jpg

他にレオナルドダビンチの最後の晩餐の修復前と修復後を見比べ
見えるようになった事で物語があるとの事ですが、うまく書けない
写真も撮ったのですが他の人も映り込み、、カット。
遠近法で書かれた絵画の説明等、
真っ赤な口絵の絵画学術委員小池さんだったかしら、、
メリハリのある解説でとても面白かったです。

その後はタビ友さんで現地の本物を観た方がいらしたので
説明をして頂きながら、、、
残り3時間でB3からF2まで、つまんで来ました。


f0354923_22223949.jpg


高度な特殊技術によりつくられた陶板名画ができるまで

大塚国際美術館、マップ&ガイドよりお借りいたしました

1..原画の著作権者・所有者へ許諾取得

2..現地調査・原画撮影

3..色の分解  4..転写紙に印刷  5..陶板に転写

6..焼成(1000から1350度で焼きつける)

7..レタッチ(職人の手仕事により、作者の筆遣い等の再現を追及)

8..焼成  9..検品  10..陶板名画の完成。



f0354923_23065155.jpg


オリジナル作品は近年の環境汚染や地震、
火災などから退色劣化を免れないものですが
陶板名画は約2、000年以上そのままの色と姿で残るそうです

作品だけを載せます、、m(__)m

f0354923_23133469.jpg

f0354923_23125543.jpg





f0354923_23143120.jpg




f0354923_23202183.jpg
絵画を触ることもできます

f0354923_23165036.jpg

f0354923_23174636.jpg




f0354923_23180681.jpg




f0354923_00234073.jpg




f0354923_00235638.jpg




f0354923_00241424.jpg


モネの大睡蓮の環境展示が好きです(^^)/


f0354923_23223327.jpg



f0354923_23225750.jpg



f0354923_23230974.jpg



f0354923_23232884.jpg

f0354923_00215041.jpg

載せたいのはまだ有りますが終わりにします~
最後までお付き合いありがとうございますm(__)m




f0354923_23595691.jpg


                             大塚国際美術館







# by soramame25 | 2019-09-14 00:35 | | Comments(0)

大鳴門橋


2019.9月3-4日、一泊二日の旅ですが
まだ引っ張っています~。
せっかく撮ったので写真を載せます、、105.png

4日朝9時にJR徳島駅傍のホテルを出発
800m走った処にある徳島眉山天神社にお参りです。





f0354923_00260768.jpg

縁遠い息子のため、、
ご利益のある姫宮神社に手を合わせます、





f0354923_19111592.jpg
バスは快適に走っています~
徳島県もレンコンの名産地なんですネ!!
レンコン畑が続いています


f0354923_19141377.jpg



f0354923_19143551.jpg

海沿いを走って、、、大鳴門橋にトウチャコ



f0354923_19205113.jpg
↓抜粋してお借りしました
大鳴門橋は、兵庫県の南あわじ市福良丙と
徳島県の鳴門市間の鳴門海峡の最狭部を結ぶ吊り橋。
1985年(昭和60年)6月8日に開通した。
橋長は1,629 メートル、中央径間は876 m、幅は25 m、主塔の高さは144.3 m。
鳴門海峡の渦潮に影響を及ぼさないようにするため、
多柱基礎工法とよばれる特殊な工法が採用されている。
橋は上下2層式となっており、上部は片側3車線の道路。
下部は将来的に鉄道 (四国新幹線)を通すことが出来る構造となっている。


450mの海上さんぽに行きます~


f0354923_19194235.jpg
潮風がさわやかで気持ちいい


f0354923_19470500.jpg

快晴で海の色も波の色も鮮やか



f0354923_20225678.jpg


大鳴門橋は自動車と新幹線が通行できる二重構造ですが、
渦の道は大鳴門橋の車道下の使用されていない
鉄道の部分に設置された海上遊歩道です。
頭上からガタガタと車が走り抜ける音が聞こえます、




f0354923_19504639.jpg

渦潮見頃の時間より一時間過ぎていますが、、
見たいなぁ~🌀🌀 渦潮



f0354923_19514146.jpg



f0354923_19540159.jpg

渦潮遊覧船、


f0354923_19545697.jpg

名札にコンシェルジェと書いて
ボランティアさんが居ましたのでお話を聞きました
橋は潮風をまともに受けるのでメンテナンスは大変で
お金がかかるそうです~
この日も数か所で作業をしていました。



f0354923_19552008.jpg

四国新幹線の計画がなくなり、
巨大な建物の管理運営はどうなるのか?
負の遺産でもあるとコンシェルジェのシニアご婦人
同じような年齢でした、、、





f0354923_20282317.jpg
飛島

f0354923_20020758.jpg

全長450mの遊歩道はガラス張りの床が設置され、
約45mの高さから迫力ある渦潮、
激しい潮の流れをのぞき込めます~




f0354923_20053386.jpg

f0354923_20055541.jpg
海賊船のような遊覧船


f0354923_20062838.jpg
渦潮にダッシューーー



f0354923_20065064.jpg






f0354923_20085826.jpg


f0354923_20473167.jpg
対岸の淡路島


f0354923_20101386.jpg




f0354923_20111286.jpg



↑ここでお土産屋さんが全員集合の
記念写真を撮って下さって
1枚¥1300で販売しました、、
1-2枚売れたのかなぁ??
買わない118.png、、高い






# by soramame25 | 2019-09-11 20:53 | | Comments(4)

ツアーの目的地


9/3日、かずら橋です。

↓抜粋してコピーです
三好市西祖谷山村にある「祖谷のかずら橋」は、
日本三奇橋のひとつとして知られています。
重さ約5トンにもなるシラクチカズラで作られおり、
3年毎に架け替えが行なわれます。
その昔は断崖を通らなければ辿り着けない「秘境」でした。
一歩踏み出すたびに軋んでユラユラと揺れる橋はスリル満点!
長さ45m・幅2m・水面上14m。(国指定重要有形民俗文化財)
住所:三好市西祖谷山村善徳162-2


f0354923_21322896.jpg
この地区はかずら橋の他に行ってみたい所が
たくさんです~

f0354923_21444688.jpg
旅の一番の目的地、一番の楽しみでしたのに
祖谷のかずら橋に着く手前からバスの窓ガラスにポツリポツリと
水滴がつき、、現地に着くと土砂降りよ!ナンてこったぁ118.png
出掛ける前にネットで天気予報を確認したら
晴と雲マークだったのにバシャバシャの雨です
口コミに橋を渡る時、傘は持たない方が良いと
あったのでレインコートも持参していましたが、
アーーァーー


f0354923_21482367.jpg



f0354923_22045294.jpg

【祖谷】と書いて【イヤ】と言うのは
昔昔の事じゃったぁ~
ここはセン祖が集まる谷と言われていたので祖谷となったぁ、、
ガイドさんのお話が遠くで聞こえていました152.png152.png

間違っていたらご指摘をお願いいたします
なぜもう一度確認しなかったのか今頃唯々反省m(__)m


f0354923_22020262.jpg
この橋を二列で渡ります~
この辺りには平家落人伝説があり、
追われた時はこの橋を切って逃げ延びたそうです~



f0354923_22063326.jpg
雨が降っていなければ、、
立ち止り足もとの渓谷を撮り、振り返って写真も撮るのに
今まで橋から落ちた人はいないそうですが
携帯、カメラはよく落していますと、、


f0354923_22082644.jpg

お隣の人の動きで橋がユラ~ユラと振れる~
持つ手に力が入り、足も踏ん張る


f0354923_22090779.jpg
10-15分位だったのかなぁ~
集中して渡ったので高揚して火照って、、
レインコートで蒸れ、暑さで蒸れましたが
いい想い出となりました\(^o^)/
怖くて渡らなかった方が6/28人だったそう


f0354923_22160353.jpg
ブロ友さんnishiawa_31さんの情報を頂いていましたが
時間がなくできなかったのです、
ここにお出掛けの方は渓谷(川)に降りて下から
かずら橋を眺めて欲しいそうです
これまた絶景は間違いないそうです。


f0354923_22263377.jpg
近くに琵琶の滝があります、nishiawa_31さんからの情報で
滝の裏に回ることが出来ます、是非皆さん見てください。
残念ながら私はこの写真だけです142.png

f0354923_22313922.jpg

宿泊は徳島駅、フェニックスが南国です。


f0354923_23074589.jpg

徳島はラーメンが美味しいそうです~
駅構内でお土産をタクサン買って、、
ラーメン、ラーメンと思っていたのですが
面倒になりコンビニでおつまみ&🍺でご機嫌になりました

翌日の駅
阿波踊りのオブジェがそこ、ここに。

f0354923_23162067.jpg
信号機や案内表示
f0354923_23172105.jpg
地域色の停留場ここは徳島、
阿波踊りのメッカです。

f0354923_23181555.jpg
散歩の途中で見た看板

f0354923_23211374.jpg
朝ですが店内は混んでいます~

f0354923_23220470.jpg

徳島城は残っていませんが石垣は現存しているようです、
中央公園になっており、マラソン、散歩市民の憩いの場
早朝30分ほど散策「おはようございます」と挨拶。

f0354923_23241400.jpg


f0354923_23265715.jpg





# by soramame25 | 2019-09-10 00:13 | | Comments(2)

忙しいツアーで


9/3-4日
ボーーットついて歩く旅で四国方面に行ってきました
羽田空港から1時間15分で四国高松空港に着きました。
可愛いガイドさんが旅のお供です\(^o^)/



f0354923_21370806.jpg

香川県にある栗林公園です(国の特別名勝に選ばれた庭園)
四百年近い歴史を誇る江戸初期の回遊式大名庭園で
六つの池と十三の築山を巧みに配しているそうです。
栗林公園なんですが栗の木は見当たらず、、
松の木がたくさんありました、約1400本あるそうです~

讃岐民芸館
f0354923_22100816.jpg

幹肌に風格威厳があります、

f0354923_22012080.jpg

お土産屋の女将さんが観光ボランティアで
「はい、お手植えの松です」 これは【鶴亀松】と
言っていますが、暑くて💦暑くて
ぼぉーーっと熱中症になりそう~

f0354923_22262662.jpg

小川にオニバスの花が一輪咲いています。

f0354923_22275854.jpg

池と築山は武士が好む庭園だそう、



f0354923_22334738.jpg

舟遊び、優雅ですよ~駆け足の旅では出来ない('_')


f0354923_22351306.jpg



f0354923_22330259.jpg


f0354923_22544021.jpg



f0354923_23103741.jpg

掬月亭でゆっくりスイーツが欲しいなぁ~
店内の方を羨ましく見ながら、、


f0354923_23131662.jpg

団体さんのお昼ごはん(申し込みは自由でした)
ウドン県=香川県ですからね、これは当然!
お一人様が8人、仲良くワイワイ、ガヤガヤ~
こんなにいっぱい入らないと言いながら完食です!


f0354923_23151448.jpg

これからバスは国道32号線だったかしら、、
大歩危小歩危を車窓から見ながら
私の旅の目的地、祖谷のつり橋に向かいます🚌🚌
♪田舎のオ~バスはァー、、○○よ♪
この歌を知っている私がコワイ126.png
バスはとても快適でガイドさんの声が心地よい~
満腹だしぃーウトウト左右に傾いでも迷惑にならないし、

コピーですが

「大歩危小歩危(おおぼけこぼけ)」は、
2億年の時を経て四国山地を横切る吉野川の
激流によって創られた約
8kmにわたる渓谷で、
大理石の彫刻がそそりたっているかのような美しい景観を誇ります。

そのちょっと変わった名前の由来は、
断崖を意味する古語「ほき(ほけ)」から付けられたという説と、
「大股で歩くと危ないから大歩危」、
「小股で歩いても危ないから小歩危」という説があります。





f0354923_23283519.jpg
大歩危と小歩危の違いは、、
大歩危は岩がとんがって荒々しく男性的、
小歩危は緩やかで女性的だと言ってます。


f0354923_23290135.jpg


道の駅でお買い物タイム
出掛けると必ずお土産を頂く義弟に買わないといけない!!




f0354923_23312196.jpg

f0354923_00072656.jpg

船着き場があるようです~
渓流、渓谷が味わえますね!いいなぁー



f0354923_23335381.jpg


国道に沿って遊歩道がありましたので
紅葉の頃はもっと良いと思います、
遊覧船にも乗って飛沫を浴びながら
渓谷を観たいなぁ~。
消費税10%は目前、全部↑↑
目の覚める景色を見ながら
懐を考えている119.png


f0354923_23361091.jpg


祖谷のかずら橋は後で載せる事にして
帰路の大歩危小歩危の様子、、




f0354923_23412881.jpg

さっき迄暑くて雲一つない上天気だったのに
土砂降り、、


f0354923_23430903.jpg

吉野川は高知県及び徳島県を流れる川で
日本三大暴れ川の1つとして数えられる利根川(坂東太郎)
筑後川(筑後次郎)と並び四国三郎の異名を持つそうです、
最近はラフティング、カヤックに人気があるそうです
赤いボートが霞んで見えます~




f0354923_00045607.jpg

f0354923_00053545.jpg


宿泊先の徳島に走っています ☔☔

f0354923_00154975.jpg






# by soramame25 | 2019-09-07 00:49 | | Comments(10)
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite